ホーム > 法曹リカレント教育(KLS-CLE)①

KLS-CLE

法曹実務家(弁護士等)対象 2017年度法曹リカレント教育(CLE)について


 慶應義塾大学法科大学院(KLS)では、弁護士などの法曹実務家が、法科大学院の授業に参加して 新しい法分野の知識を学ぶ「法曹リカレント教育プログラム(CLE)」を実施しています。  このCLEプログラムは、専門法曹養成プログラムと個別科目履修プログラムの二本立てとなっています。

・法曹リカレント教育の目的、参加のメリットや、平成26年度に実際に授業に参加した弁護士モニターの声などについては、 こちらをご覧ください。
・2つのプログラムの共通事項や、出願手続については、こちらをご覧ください。
・専門法曹養成プログラムについては、こちらをご覧ください。
・個別科目履修プログラムついては、こちらをご覧ください。

 平成26年度に日弁連との協議に基づき、KLSの授業にモニターとして参加した弁護士からご意見を伺う 座談会を実施しました(平成26年11月19日)。その記録については、こちらをご覧ください。

NEW!

2017年度法曹リカレント教育(CLE)について、科目一覧を更新しました。(平成29年7月24日)


2017年度法曹リカレント教育(CLE)について、科目一覧を更新しました。(平成29年2月9日)


2017年度法曹リカレント教育(CLE)について、科目一覧を更新しました。(平成29年2月9日)


2017年度法曹リカレント教育(CLE)について、募集要項、科目一覧、シラバス、学事日程等、最新情報を更新しました。(平成29年2月6日)


平成26年度の日弁連モニターに対するアンケート結果の一部を公表しました。 「授業の収穫」「授業の業務関連性とお勧め度」については、こちらをご覧ください。 (平成27年7月27日)



問い合わせ先: 学生部学事グループ法務研究科(法科大学院) メールは: lawjm@info.keio.ac.jp



ページトップへ