ホーム > 最新情報 > 2016年アーカイブ

最新情報

2016年アーカイブ

2016.12.12 【2017.1.14開催】Memorial Symposium for the Establishment of LL.M. in Global Legal Practice グローバル法務専攻開設記念シンポジウム
2016.12.07 【2016年12月開催】LL.M.説明会のご案内/LL.M. Program Information Session
2016.11.25 Important Notice from Keio Law School Regarding Changes to Applicant Eligibility Requirements for Application Period II for the Master of Laws Program in Global Legal Practice
2016.11.02 【11/12開催】KEIO=USP包括交流協定締結記念・国民生活センター比較消費者法研究会 合同 日本ブラジル国際シンポジウム2016
2016.11.01 【11/8開催】ユーグ・フルシロン教授(フランス・リヨン第3大学元学長)による講演会のご案内
2016.10.28 大陸法財団寄付講座「2016年度 大陸法特別講義 Ⅱ」について
2016.10.28 法律学講座2016「雑学から法学へ-- 気になる論点を読み解く」【慶應大阪シティキャンパス(KOCC)】
2016.10.24 [更新]司法試験の結果を踏まえて(2016年度)
2016.10.19 【Event Report / 開催報告】Welcome & Home Coming Party for International Students(留学生を囲む会)
2016.10.18 【開催報告】早慶中・三校連携公開特別講座
2016.10.04 【Event Report / 開催報告】10/1 LL.M. Information Session/LL.M.説明会
2016.09.26 【開催報告】9/23『合格者を囲む会』が開催されました
2016.09.20 [Seminar Report]9/13,14 CHICAGO-KEIO LAW SEMINAR 2016
2016.09.16 Admission information for LL.M. /グローバル法務専攻(LL.M.)の入試情報
2016.09.09 【9/20】「合格祝賀会」及び「進路説明会」について
2016.09.06 [Officially Approved/設置認可] Master of Laws (LL.M.) program in Global Legal Practice
2016.09.06 【9/13,14】CHICAGO-KEIO LAW SEMINAR 2016
2016.09.02 *10/17* RECEPTION & HOMECOMING DAY for Keio Law School Exchange Students
2016.08.31 【2016/10/1】LL.M.説明会のご案内/LL.M. Program Information Session
2016.07.27 *2017年4月新専攻開設予定* 法務研究科グローバル法務専攻について【文科省 設置認可申請中】/Launch of the Keio University Law School LL.M. in Global Legal Practice
2016.07.08 【7/11】Memorial Service for Professor Gerald Paul McAlinn/「ジェラルド・P・マクリン先生を偲ぶ会」について
2016.06.16 日弁連主催『国際分野で活躍するための法律家キャリアセミナー ~国際業務・活動への道しるべ~』(9/2-3)
2016.05.27 法整備支援(アジア諸国への法分野の国際協力)シンポジウムのご案内
2016.05.26 【追悼】ジェラルド・P・マクリン先生/In Memoriam Professor Gerald P. McAlinn
2016.05.10 [seminar report/開催報告]Keio International Dispute Resolution Series-Symposium
2016.05.10 フェリックス・ウールマン教授による講演会のご案内
2016.04.25 三田法曹会共催 金井高志君(弁護士) 講演会
2016.04.01 Keio International Dispute Resolution Series-Symposium
2016.01.30 2016年度法曹リカレント教育(CLE)について