ホーム > 授業関連:サポート体制

授業関連

サポート体制

未来を見据えたキメ細かなサポート体制が整っています。

■ クラス担任 1・2年生は各クラスにクラス担任をおき、学習、進路、その他の相談に応じます。未修者コース入学者は2年間にわたりクラス担任からのサポートを得ることができます。
■ 学習指導 各分野から選出された学習指導担当教員が、履修計画や学習方法などについて年間を通じて全般的な指導を行います。
■ オフィス・アワー 各授業科目の担当者が年間を通じてオフィス・アワーを設けています。クラス担任以外の教員からも個別に指導や助言を受けることができます。
■ 学習支援制度 正規の授業科目を補完する制度として、学習支援制度の充実に努めています。これは、法科大学院における正規の授業科目の進行に応じて、基礎的な知識を確認したり、法的思考能力や法律文書作成能力のレベルアップのために適切な助言を行うとともに、学習や学生生活、将来の進路につき種々の迷いや悩みを抱えている学生に対してアドバイスを行うための支援制度です。主に、皆さんの先輩である修了生で、若手の弁護士や法務研究科助教(有期)が担当し、院生が気軽に語り、相談できるように配慮しています。

(1)学習相談会
若手の弁護士や助教(有期)を務める修了生が、院生の個別の学習相談に応じる制度を設けています。相談内容としては、法律基本科目や実務基礎科目などの正規の授業科目の予習・復習に関する学習相談、学生間の自主的なゼミでの学習方法に関する相談、その他、将来の進路に関する相談などが想定されます。院生の皆さんには、遠慮せずに、何でも相談してください。

(2)学習支援ゼミ
1年次から3年次までの各年次において、法律基本科目・実務基本科目など正規の授業科目の補習を目的とした学習支援ゼミが多数用意されています。皆さんの先輩である修了生の若手弁護士が講師としてゼミを担当します。少人数による登録制で、正規の授業科目と連携しつつ、正規の授業で用いられている教材を使用し、受講生の到達度に応じて、基礎的な知識を確認したり、学習の助言、法律文書作成の指導を行って、正規の授業を補完しています。院生の皆さんには、学習支援ゼミを積極的に活用し、学習の補完、法的思考能力や法律文書作成能力のレベルアップに役立てて下さい。
■ 三田法曹会 慶應義塾ならではの緊密で広汎なネットワークが、法曹としての未来をバックアップ
1932年に発足した「三田法曹会」は慶應義塾出身の法律家で構成される組織です。現在の会員数は約2,932名。法曹としてお互いに研鑽を怠らず、つねに後進のサポートを心がけてきたネットワークは、他に類を見ない強い連帯感によって結びついています。

ページトップへ